相続放棄期限をしっかり知ろう|法の専門家が貴方の悩み一挙解決

離婚調停で有利に立てる

パソコン

埼玉の弁護士事務所では、不倫に関する相談も受け付けています。一般の人の意識としては、弁護士事務所への相談といえば訴訟や税に関するものだけであろうと考えるでしょう。しかし法や税の問題以外にも、埼玉の弁護士事務所はさまざまな問題に対処してくれるのです。多くの家庭で問題となっているのが、不倫に関する問題でしょう。現在では熟年離婚などの件数も増えています。相手の不倫を理由として離婚を行ないたいとする人も多いでしょうが、問題となるのは相手が離婚を認めない場合です。離婚は離婚届に相手の実印などを押印する必要がありますが、相手が離婚を承諾しない場合、この離婚届にはんこを押してもらえないこともあるのです。埼玉の弁護士は、相手の同意が得られない状態でも離婚を行なえるよう裁判を行ないます。家庭裁判所で行なえる離婚調停により、法的に相手と別れられるように弁護を行なってくれるため、相手の同意がなくても別れることができるのです。

相手が不倫を行なっていれば、離婚調停でもこちらに有利な状態で進めることができます。埼玉の弁護士事務所では、この相手の不倫という状況を利用してこちらに有利な判決が出るよう弁護を行なってくれるのです。離婚をするとなると、争点となるのが財産分与と子供の養育権、そして慰謝料の三つです。不倫が原因で離婚をするとなれば、揺るぎない不倫の証拠さえあれば判決もこちらに有利に進めることができます。高額の慰謝料を得られるほか、養育権の取得や多額の財産分与も得られるので、専業主婦の人であれば離婚後も負担なく生活が行なえるようになるのです。埼玉の弁護士は、不倫の証拠をきちんと整理して提出するだけでなく、不倫による精神的な負担がどれほどであったか法廷で証言してくれるので、不倫をした相手からたくさんの慰謝料を請求できるのです。